教員紹介

大貫 敦子 おおぬき あつこ

大貫 敦子 (おおぬき あつこ) 教授

専門分野

芸術・文学理論 ・ジェンダー理論,  ドイツ文学・文化理論

主要著書・論文

  • 『ニーチェ事典』(弘文堂、1995年)(共編著)
  • Vergangenheit im Gesellschaftskonflikt. Bohlau Verlag, 2003.(共著)

所属学会

日本独文学会,社会思想史学会,日本ドイツ学会, Gesellschaft für interkulturelle Germanistik, Society of Intercultural Philosophy

近年の主要講義・演習

  • 文学・文化コースゼミナール(3),(4) 市民社会と芸術(その1)、(その2)
  • 文学・文化コース専門演習(3),(4) Kinderliteratur (1),(2)
  • Kulturwissenschaftとしての文学研究

文学部で/私のゼミで学ぶ人たちへ

ドイツ語圏文化学科は、 文学を含めた文化・社会の問題を扱うことのできる学科です。 文化を考えることは、単に狭い意味での文学・芸術という既成の枠を超え、今の感性経験とその表現のあり方を考えることを意味しています。 特にこの領域では、特定の唯一の答えなど存在しないのですから、自分の問題意識を持って自分なりに考えることが重要です。 授業では過去の事例を扱うことが必然的に多くなりますが、それも現代の問題を 考えるための手がかりです。 授業が、現代の問題を一緒に考える機会となることを望んでいます。

教員一覧

  1. 伊藤 白

    准教授
    現代ドイツ文学、ドイツの図書館制度

  2. 大貫 敦子

    教授
    芸術・文学理論

  3. 岡本 順治

    教授
    ドイツ語学、認知言語学、言語理論

  4. 小林 和貴子

    教授
    聴覚・音響芸術、現代ドイツ文学、メディア論

  5. 清野 智昭

    教授
    ドイツ語学、コーパス言語学、応用言語学

  6. 高田 博行

    教授
    ドイツ語学、ドイツ語史、歴史語用論、歴史社会言語学

  7. トーマス・ペーカー

    教授
    近代ドイツ文学、亡命研究、文化論

  8. 白井 智美

    助教
    ドイツ語学

  9. 松林 伶奈

    副手

  10. 岩本 直樹

    副手

PAGE TOP