学科研究室からのお知らせ

学科研究室からのお知らせ

【2020年9月12日】本日(9/12)、西門は閉まっています。正門へどうぞ。

正門は、西門へ向かって左側の目白通り沿いの歩道をしばらく直進すると、右側にあります。

【2020年9月11日】明日、9月12日から第2学期開始

2学期は、9月12日(土)から始まり、2021年1月30日(土)までです(学年末試験を含む)。学年歴はどこにあったかというと、令和2(2020)年度 学部・大学院学年暦 | 学習院大学 にあります(リンクした日は9/11、リンク切れになったら新しい学年歴が発表されたということですので要注意)。すでに、授業の形態や教科書などに関する情報が学生のみなさんの元に届いているはずです。注意して読んで、準備をしておきましょう。

ドイツ語圏文化学科1年生は、9月12日(土)14時からガイダンスがあります。対面式でもZoomでも参加できますが、G-Port のお知らせにあったように事前連絡をすることになっています。

なお、2学期の休日開講日は以下の通りです(これも要注意ですね)。

【休日開講日】
授業日: 9月21日(月) [敬老の日]
授業日: 9月22日(火) [秋分の日]
授業日:10月17日(土)[開院記念日]
授業日:11月23日(月) [勤労感謝の日]

【2020年9月10日】学生センター学生課(9/4)「令和2年度 新型コロナウイルス感染症による授業料減免措置について」

令和2年度 新型コロナウイルス感染症による授業料減免措置について | 学生センター学生課 によると「学習院大学では、新型コロナウイルス感染症拡大の影響によって家計が急変し、経済的に修学困難となった在学生の令和2年度授業料について、一部免除する措置を講じることにいたしました。」とのことです。G-Port のお知らせがすでに出回っているはずですが、詳細は、新型コロナウイルス感染症による授業料減免措置 申請について | 学習院大学 学生センター学生課 にもあります。同ページには、以下のように、減免額、申請期限、申請方法が書いてあります。ご参照ください。

【減免額】
令和2年度の授業料より、以下の金額を減免します。
学部生:228,000円 大学院:160,000円 法科大学院生371,000円

【申請期限】
令和2年9月23日(水)16:00 必着

【申請方法】
申請書類を学生センター学生課宛、簡易書留等の形式で郵送で提出。

【2020年9月9日】ドイツ語圏文化学科 学科図書利用について(2020/9/7~)

卒業年次の学生、大学院生及び教職員を対象に、9月7日以降、学科書庫・閲覧室を下記の日程で開放しています。

学科書庫・閲覧室の開室日時:月~金 9時~16時半(11時10分~12時30分は閉室)

卒業年次の学生、大学院生は、Airリザーブであらかじめ来室時をご予約ください(参照:2020年度ドイツ語圏文化学科学科 図書利用について)。

【2020年8月31日】「緊急事態宣言解除及び東京都による休業要請緩和後の授業等の取扱いについて(第3報)」(8/31)

学習院大学から学生へ向けての文書として「緊急事態宣言解除及び東京都による休業要請緩和後の授業等の取扱いについて(第3報)」が8月31日(月)に発表されました。

「7月20日に標記の第2報において、第2学期の授業の取扱いについてお知らせしましたが、9月28日より、以下のとおり対面形式で行う対象の科目の制限を一部緩和することとしましたので、お知らせします。」という序文ではじまります。要点は、次の3つに分かれます。

〇 9月28日(月)以降の第2学期の授業について
〇 対面授業実施にあたっての留意事項について
〇 学生の入構について

一部、対面式の授業を始めることになるのですが、今後の新型コロナウィルス感染状況により、また状況が変わるかもしれません。「なお、扱いに変更がある場合は、再度通知するものとし、特に、感染の状況が悪化した場合には、入構を改めて禁止する場合があります。」という注意書きがあることにも留意してください。

【2020年8月12日】「令和2年度学生定期健康診断実施変更について」(8/11)

学長室保健センター発のお知らせ「9月の学生定期健康診断について」新型コロナウイルス感染症に関する本学の対応について | 学習院大学 のページにリンクされています。9月に予定されている学生定期健康診断は、

①学内実施(西1号館)対象学年:1年生のみ(学部・大学院・法科大学院)
日程:9月7日(月)、8日(火)、9日(水)、10日(木)、11日(金)

②学外実施対象学年:2~4年生(学部・大学院・法科大学院)
日程:9月14日(月)~10月30日(金)医療機関:最寄りのクリニック等にてご自身にて受診

となっています。詳細は、リンク先のPDF文書をご覧ください。

【2020年8月2日】明日8月3日(月)は「卒論執筆者対象ガイダンスおよび2020年度卒業論文中間発表会」の日

G-Port で7月29日に配信されたお知らせにあったように、8月3日(月)に「卒論執筆者対象ガイダンス」、「3 年生対象ガイダンス」、「卒業論文中間発表会」が Zoom で開催されます。

11:00~11:40 教室1 卒論執筆者対象ガイダンス (「卒論執筆要綱(2020年度版)」を手元に用意してください。)
12:00~12:45 教室1 3年生対象ガイダンス(4年次に卒論執筆を検討している方は参加必須です。)
13:00~15:00 教室1、教室2 卒業論文中間発表会(発表順は、「2020年度 卒業論文中間発表会 プログラム」を参照)
注意事項:1) 本名で参加してください。2) 発表者は教室の移動はご遠慮ください。それ以外の方は発表の前後であれば可能です。

Zoom情報は、G-Port で7月29日に配信されたお知らせに添付された「ファイル3:2020年ガイダンス・中間発表 Zoom情報」にあります。

【2020年7月21日】「緊急事態宣言解除及び東京都による休業要請緩和後の授業等の取扱い(第2報)」が発表される。(7月20日)

7月20日に、新型コロナ対策の今後の予定が学習院大学から正式に発表されました。骨子は3つに分かれます。1.8月の補講期間及び9月の集中講義期間、第2学期の授業について、2.学生の入構について、3.課外活動について、です。特に、1.には、「8月の補講期間及び9月の集中講義期間、第2学期の授業について ① 授業は、対面形式では行わず、原則として遠隔授業によるものとします。(第1学期の扱いの継続)」となっています。

ただし、「② 以下に示す授業又は指導に限り、感染症対策を講じた上で対面形式で行うことがあります。該当科目等については、担当教員からG-Port等を通して連絡があります。 ― 卒業研究・修了研究に直結する授業や指導であって、学内の施設設備を利用しなければ行うことが難しいと判断したもの。③ 第2学期に、対面形式での授業を再開する場合は、再開の1ヶ月程度前にお知らせします。」となっていますので、原則的には2学期も遠隔授業が続くけれども例外があり、場合によっては対面形式の授業が再開される可能性もある(その場合は再開の1ヶ月程度前にお知らせがある)、ということです。

詳細は、緊急事態宣言解除及び東京都による休業要請緩和後の授業等の取扱い(第2報) | 学習院大学 をお読みください。

【2020年7月16日】2020年度 ドイツ語圏文化学科 学科図書利用について(7/15)

ドイツ語圏文化学科では、学科図書の利用を再開します。詳細は、こちらの文書(PDF)をご覧ください。

【2020年7月9日】「8月の補講期間及び9月の集中講義期間の扱い」に関する速報(7/8)

7月8日付で「緊急事態宣言解除及び東京都による休業要請緩和後の授業等の取扱いについて(8月の補講期間及び9月の集中講義期間の扱い)」というお知らせがアップされています。「緊急事態宣言解除及び東京都による休業要請緩和後の授業等の取扱いについて(第1報)」(2020.05.27)では、「8月の補講期間及び9月の集中講義期間の扱いについては、7月上旬に改めて通知します。」と説明されていたのですが、すでに7月上旬も過ぎようとしています。そこで、今回のお知らせでは、「再度検討を行った上で、遅くとも7月20日までに改めてお知らせする」というアナウンスが追加されました。

【2020年6月18日】ドイツ語圏文化学科卒論執筆者対象学科図書利用始まる。(6月18日より)

G-Port ですでに対象者には連絡が届いているはずですが、ドイツ語圏文化学科では本日より、卒論執筆者に限定して以下の要領で学科図書の利用を再開します。注意事項がありますので、G-Port連絡をよく読んでからお越しください。

【開室日・開室時間】
・毎週木曜日 10:00~11:20、12:20~15:00
・開始日:2020年6月18日(木)

また、卒業論文執筆者および大学院生向け学科図書郵送貸し出しサービスもはじまります。こちらも該当者にはG-Port連絡が送付されていますので、そちらに書かれている詳細を参考の上、申し込んでください。

【2020年6月15日】キャリアセンター利用の条件付入構緩和(6月11日付)

6月11日付で、学習院大学キャリアセンターは2つのお知らせをアップしました。一つは 就職・キャリア相談を目的とした学生に対するキャリアセンター利用の条件付入構緩和について | 学習院大学 で、もう一つは 【重要】6月以降のキャリアセンター事務取扱時間・対応業務について | 学習院大学 です。「6月上旬から、学部3・4年生、大学院博士前期課程M1・M2生の学生に対してのみ、就職・キャリア相談を目的としたキャリアセンター利用(西5号館4階)を条件付で入構緩和する」そうです。もちろん、「5月25日の緊急事態宣言解除及び5月26日の東京都による大学に対する新型コロナウイルス感染症拡大防止のための休業要請緩和を受け、企業の採用活動やインターンシップ等が、多くの企業において再開されてい」るという背景があります。

「6月以降のキャリアセンター事務取扱時間・対応業務」に関しては、1) キャリアセンター事務取扱時間:「事務取扱時間は通常通り(平日8:40~16:45、土8:40~12:30)ですが、窓口利用は10時~15時(土日祝除く)」、2) 個別(WEB)面談について、3) 令和2年度前期キャリア・就職支援プログラムについて、が2番目の【重要】文書には書かれています。詳細は、この文書を参照してください。

【2020年6月13日】ドイツ語圏文化学科「参考文献の表記方法(2020年版)」がアップロードされる。(6月11日)

2020年6月11日にドイツ語圏文化学科の「参考文献の表記方法」が2020年版にアップデートされました。なお、この第1版は、2019年第1版と内容は同じです。今後、内容がアップデートされる可能性はあります。ダウンロードは、学生向けダウンロード用ページ | 学習院大学文学部 ドイツ語圏文化学科 から可能です。学生のみなさんの質問や要望によって、アップグレードされていきますので、何か気がついたことがありましたら教員に相談してください。

【2020年6月10日】学習院大学図書館の3つの学生向けサービス(6/9)

6月9日付で学習院大学図書館から3つの学習院大学/女子大学の院生、学部生向けサービスに関するお知らせがG-Port 経由で流れてきました。

  1. 資料の郵送貸出サービス(バージョンアップ!)概略:対象期間 : 5月25日(月)~対象資料 : 大学図書館、法経図書センター、理学部図書室、学外庫 の「図書」のうちGLIM/OPACで「利用可能」となっている資料、送付方法 : レターパックプラス ※送料は大学が全額負担、送付先 : 大学に登録されている住所宛(ただし海外不可)、申込方法 : 専用フォームから申込 ⇒ 詳細は次ページ参照、申込冊数 : 最大3冊まで / 返却期限日 : 2020年9月19日(土)、申込回数 : 制限なし<何回でも申込可>
  2. 雑誌論文複写送付サービス(新規)概略:対象期間: 6月9日(火)~、対象資料: 大学図書館、法経図書センター、理学部図書室、学外庫の「学術雑誌」のうち、「貸出中」ではない資料(※著作権法により定められた複写可能範囲)、送付方法: 普通郵便※送料は大学が全額負担(日時指定、速達不可)、送付先 : 大学に登録されている住所宛(ただし海外不可)、申込方法: 専用フォームから申込、申込制限: 1人につき1日1回5論文まで
  3. 直接来館利用(大学図書館、法経図書センター)【対象者】卒業研究・修了研究に直結する授業や指導であって、 学内の施設設備を利用しなければ行うことが難しいと判断された授業・指導を受ける学生、【対象日・時間】平日8時50分~16時30分、※土日祝は休館、【対象サービス】 資料の閲覧・複写・貸出・出納(※閲覧室、館内パソコンの利用不可)

いずれのサービスもG-Port で図書館が発信しているお知らせに詳細が記されていますので、そちらの注意書きをよく読んで利用してください。

【2020年6月3日】卒論執筆者へのG-Port連絡(6/3)

本日(6月3日)午前中にドイツ語圏文化学科で卒論執筆を予定している学生へ向けてG-Port での重要なお知らせが流れました。卒論題名届が G-Port 入力フォームからの入力となり7月20日(月)16時が締切となったこと、および、中間発表が延期され、8月3日(月)に Zoom を用いて実施されるように決まったとのことです。卒論執筆者は必読です。G-Port のお知らせを読みましょう。もっと詳しく書いてあります。

【2020年5月30日-Nr.2】授業でZoomを利用している皆さまへ緊急連絡(5/29, G-Port)

5月29日に大学学生センター教務課から発信されたG-Port 連絡で、「Zoomをアプリで利用している方々は、アップデートをしないと、5/31以降にミーティングに参加できなくなります」というお知らせが来ています。普段から、Zoom をアプリで利用している方は、セキュリティ上きちんとアップデートをすることが求められています。安全に利用するためにも、アップデートは忘れずに! 5月31日からZoom が使えない状態になったという人がいたら、アップデートを勧めてください。

もちろん、Zoom アプリを使っている人が対象です。突然、Zoom で授業が受けられなくなる、なんていうことにならないように。

【2020年5月30日】国による「学びの継続」のための『学生支援緊急給付金』(5/22)

お知らせの順番が前後してしまいましたが、5月22日付で国による「学びの継続」のための『学生支援緊急給付金』についてというページが公開されています。いろいろな条件や申し込みの仕方があるので、申し込みたい方はぜひリンク先のページを見て下さい。簡単に、該当する対象者の条件をこのページから引用しておきます。

【対象者の要件】
①家庭からの多額の仕送りがない
②原則として自宅外で生活している
③生活費・学費にに占めるアルバイト収入の割合が高い
④家庭の収入減少等により、家庭からの追加的支援が期待できない
⑤コロナ感染症の影響でアルバイト収入が大幅に減少している
⑥「高等教育修学支援新制度」等、既存の支援制度を活用している
⑦留学生は経済的困窮に加え、所定の基準を満たす

【2020年5月27日】緊急事態宣言解除及び東京都による休業要請緩和後の授業等の取扱い(第1報)公表される

5月27日に、緊急事態宣言解除及び東京都による休業要請緩和後の授業等の取扱い(第1報) | 学習院大学が公表されました。「5月31日までは、原則として学生の大学構内への入構を禁止する措置を継続します。」とのことですが、今後、どのようになるのか概略が説明されています。

〇 第1学期の授業及び試験について、〇 学生の入構について、〇 第2学期の授業について、〇課外活動について、の4点から構成されています。ここでは、「第1学期の授業及び試験について」の部分だけを、以下に引用しておきます。それ以外は、上記のページをご覧ください。

① 第1学期の授業は、対面形式では行わず、原則として遠隔授業によるものとします。
② 以下に示す授業又は指導に限り、6月1日から感染症対策を講じた上で対面形式で行うことがあります。該当科目等については、担当教員からG-Port等を通して連絡があります。
 ― 卒業研究・修了研究に直結する授業や指導であって、学内の施設設備を利用しなければ行うことが難しいと判断したもの。
③ 学期末試験は、対面形式では実施しません。試験・評価方法に変更がある場合は、担当教員からG-Port等を通して連絡があります。
④ 8月の補講期間及び9月の集中講義期間の扱いについては、7月上旬に改めて通知します。

【2020年5月24日】図書館の利用について

遠隔授業が始まってから、はや2週間が過ぎました。いよいよ本格的にゼミもスタートしていると思いますが、図書館を有効利用できないのが辛いところです。学習院大学図書館も、他の大学の施設と同様にフル稼働しているわけではありませんが、遠隔授業に備えてサービスを拡充していく計画があるようです。2020年5月18日(5月22日更新) には「来館サービス休止の延長と遠隔複写サービス受付再開のお知らせ」が発表されています。毎年更新される学習院大学図書館による冊子『最強のガイドブック』も、探す・調べる – 資料の探し方 | 学習院大学図書館のページから、2020年版を全文ダウンロードできるだけでなく、各章ごとにもダウンロードできます(なんと親切!)。例えば、10章 GLIM/OPAC フル活用術 II の 「b. 学外からデータベースにアクセスしてみよう」は、学外からデータベースにアクセスしてみよう | 学習院大学図書館からダウンロードできます。そもそも全文でも8MBなので、この際きちんと読んでおこうという方は、『最強のガイドブック -13分でわかるレポート材料の集め方-』(全文) | 学習院大学図書館からどうぞ。

学習院大学だけでなく、外部の図書館も利用したいという方は、都立中央図書館国立国会図書館―National Diet Libraryを覗いてみるのもよいでしょう。それぞれ、オンラインのサービスも提供しています。

【2020年5月21日】第2回履修修正期間が終わり、その結果が WebClass と manaba に反映される(5/20)

第2回履修修正期間は5月11日から18日まででした。その修正情報は、G-Port に登録され、manaba にもその結果が自動的に反映されます。ただし、WebClass の場合、自動的にこの履修修正が行われるわけではなく、5月20日に手作業で行われたそうです。

追加修正の手続きをした学生情報は、自動的にそれぞれの授業の担当教員に伝えられているわけではないので、WebClass の場合は、自分でログインして、追加修正の結果が自分の時間割に反映されているかどうかを確認しましょう。もし、担当教員と連絡がついていない場合には、WebClass の中で、担当の教員にメッセージを送ることができます。学習院大学で用意している WebClass のPCでの利用マニュアル (PDF)と、WebClass のスマホでの利用マニュアル (PDF)をご参照ください。

【2020年5月12日】新型コロナウイルス感染症に関する本学の対応について(第7報)公表される(5/11)

新型コロナウイルス感染症に関する本学の対応について(第7報) (PDF)が5月11日に公表されました。学生と教職員に向けての文書ですが、1. 海外に滞在している方、海外への渡航を検討している方、2. 海外から帰国する方、3. 日本国内での活動における感染のリスク回避、4. 感染予防対策、5. 感染した場合及び感染症の疑いがある場合の大学への報告、6. 学校行事、授業等について で構成されています。1. は目下海外への渡航制限があるので本当に渡航が許可されている地域なのかどうかを調べる必要があること、2. は特定の国・地域からの帰国・入国に当たっての注意事項、3 から 6 は、教職員全員を対象にするものです。感染した場合及び感染症の疑いがある場合は、大学の保健センターへ連絡するようにと記されています。

【2020年5月11日】今日から遠隔授業、そして第2回履修修正期間 (5/11~5/18) 始まる。

いよいよ5月11日(月)です。きょうから遠隔授業が始まります。遠隔授業は、オンデマンド型(「大学の学習管理システムを通じて教材を入手し学習する方法」)と同時配信授業(「オンライン会議システムを使い授業を行う方法等」)<出典:2020 年度の授業実施方法に関する大切なお知らせ>で行われる予定です。オンデマンドとは本来、<-on-demand:「需要に応じて<利用者の要求に応じて情報を提供するネットワークサービスについていう>」(『ジーニアス英和大辞典』>というものなので、同時配信ではなく好きな時間にアクセスできるところに特徴があります。授業に応じてどちらのタイプなのかが異なりますので、注意しましょう。同時配信タイプの授業は、例えば月曜日の1時限の授業は、その時間に授業が行われますが、オンデマンド型では、その時間に縛られないのが特徴です(両方の形を混ぜている授業もありますので、要注意!)。同時配信タイプを中心にして、オンデマンド型のLMSで資料を配布する場合は、予定している時間に縛られます。また、オンデマンド型のLMSを使っていても、特定の時間にチャットをする場合は、やはりその時間に縛られます。

通常の対面型の授業では、実際の授業を受けてから履修登録の修正が時間的余裕をもって行えましたが、遠隔授業が今日から始まる今年の場合、最初の授業を受ける時期に履修登録の最終的な修正も締め切られてしまいます。ご注意ください。第2回履修登録修正期間は、5月11日(月)から5月18日(月)までで、履修登録科目の追加や削除を行うことができます(この期間以降、通年科目、あるいは 第1学期の科目の登録追加をすることはできなくなります)。

【2020年5月10日】学生の入構禁止措置延長(5/8更新)

5月8日付で新型コロナウイルス感染症について(本学の対応)のページが更新され、学生の入構禁止措置について(5/8更新) | 学習院大学 となりました。このお知らせによると「政府による緊急事態宣言が5月31日まで延長されたことに伴い、本学においても、5月31日まで、原則として学生の大学構内への入構を禁止する措置を継続することとしました。」となっています。なお、窓口での事務取扱いは行われていませんが、大学機能は維持されており、5月11日からは予定通り遠隔授業が始まることになります。

【2020年5月4日】遠隔授業開始まであと1週間、本日から授業に関するG-Port連絡始まる。

5月11日から遠隔授業が始まります。遠隔授業開始に先立ち、本日5月4日(月)から、G-Port で授業形態の通知と授業スケジュールの通知が授業ごとに行われる予定です。授業予定の変更や教科書に関する情報も通知されるはずなので、G-Port 連絡に注目しておいてください。

【2020年5月2日】「学生の入構禁止措置について」(5/1付)が発表される。

学習院大学では、5月6日(水)まで原則として学生の大学構内入構禁止となっていますが、今回発表された 学生の入構禁止措置について | 学習院大学 によれば、「今般、緊急事態宣言が延長される見通しとなったことも踏まえ、緊急事態宣言の対象地に東京都が含まれている間は、原則として学生の大学構内への入構を禁止する措置を継続することとしました。」とあります。いったいいつまで大学構内入構禁止が続くのかは、5月4日に発表される予定の緊急事態宣言の延長がカギを握るものと思われます。

【2020年5月1日】「学習院大学学生支援給付金」(一律6万円給付)に関するお知らせが公開される(4/30付)

「学習院大学学生支援給付金」(一律6万円給付)に係る手続きについてが4月30日に公開されました。このお知らせによると、「4月28日付けでお知らせいたしました「学習院大学学生支援給付金」について、本学より振り込むための口座を、G-Port(学生用)の「学生支援」画面から、「令和2年度学習院大学学生支援給付金口座登録」に回答する形で登録をお願いいたします。*全在籍者が対象の給付金ですので、休学中・留学中の学生も含みます。」とのことです。「【振込口座登録期間】令和2年5月1日(金)~令和2年6月24日(水)、【口座登録方法】 詳細はG-Port(学生用)のお知らせにてご確認ください。」と書かれていますので、学生のみなさんは、G-Port で至急、振込口座を登録しましょう。

なお、このお知らせで「4月28日付けでお知らせいたしました「学習院大学学生支援給付金」」と呼んでいるのは、【重要】新型コロナウイルス感染症対策に伴う臨時の経済的支援について | 学習院大学のことです。この4月28日のお知らせには、学費の延納制度や奨学金についての相談窓口も紹介されていますので、ぜひご覧ください。

【2020年4月30日】Zoom 簡易マニュアル【学生用】アップロードされる(4/30付)

【重要なお知らせ】遠隔授業の実施について(まとめ) | 学習院大学のページに、Zoom 簡易マニュアル【学生用】(2020/4/28 作成, PDF版)が4月30日にアップロードされました。教員向け操作マニュアル(Zoom 簡易マニュアル【教員用】)も4月30日にアップロードされています。こちらも作成日は、4月28日になっています。

【2020年4月23日】「【重要なお知らせ】遠隔授業の実施について(まとめ)」のページに注目

4月22日に作られた【重要なお知らせ】遠隔授業の実施について(まとめ) | 学習院大学のページは、本日も更新されています。遠隔授業といっても、同時配信授業もあれば、オンデマンド授業もあります。文字、音声、動画をどう駆使するのか、どうやって授業がインターアクティブになるのか、日本中で今模索されています。学習院大学では、学習管理システム(LMS)として、主に WebClass を使っていくようです。学習院大学では、manaba や、Moodle という学習管理システムも実際には使われています。これから、さまざまな情報が、遠隔授業の実施について(まとめ) | 学習院大学のページで発信されていくと思いますので、このページをブックマークして読んでおきましょう。5月11日以降の授業に役立つこと間違いなしです。

まず、目を通しておいて欲しいのは、【学生の皆さんへ】遠隔授業受講のルールについて | 学習院大学 です。インターネットではいろいろなことが可能ですが、ルールを守らない人は、それなりの責任をとらされます。大学で主に使っていくシステムが WebClass だということなので、学生向け操作マニュアル(パソコンでの利用)4/23追加 と、学生向け操作マニュアル(スマホでの利用)4/23追加 はダウンロードして読んでおきましょう。

【2020年4月22/23日】教科書販売について

ドイツ語圏文化学科の学生は、以下の授業の教科書を、郁文堂の2020年度使用教科書一覧&注文フォームから購入してください。

コミュニケーション演習(初級)/コミュニケーション演習(中級)/通訳・翻訳者養成演習(基礎)/通訳・翻訳者養成演習(実践)/ドイツ語学特殊研究(言語情報コース専門演習)/言語・情報コースゼミナール(清野先生担当分)

それ以外の教科書については、今後、教科書販売に関して発信される予定の G-Port 連絡に従いG-Port連絡にしたがい、一学期は紀伊国屋書店のWebストア(MyKiTS) で購入することになりました。注文は5月4日から可能になるようです。ひとまとめに注文できるよう、シラバスを確認して、教科書をリストアップしておきましょう(注文ごとに送料がかかります。ひとまとめにして注文するのがお得です)。第1回目の授業に間に合うよう、時間に余裕をもって注文してください。注文に当たっては、注意書きをよく読んでおきましょう。(2020年4月23日一部修正)

【2020年4月20日】履修登録始まる(4月23日(木)16:00まで)

G-Port での履修登録が始まりました。今日、4月20日(月)の午前中から 4月23日(木)の16時までです。お忘れなきよう。なお、【履修登録修正期間】があります。第1回目は 4月30日(木)9:00から5月1日(金)16:00まで、第2回目は 5月11日(月)9:00から5月18日(月)16:00までです。

【2020年4月13日】奨学金のページ(4月7日更新)を見ましたか?

令和2年度の各種奨学金申請等手続きについて(第2報) | 学習院大学のページがあります。この第2報は、4月7日付になっています。新型コロナウイルスの方に気を取られていると、このページを見忘れがちです。「各種奨学金の申請を希望する方にご連絡です。申請に際し必要となる資料等一式の配布を、3月27日(金)~4月8日(水)までとしていましたが、5月9日(土)まで延長します。」と書かれています。奨学金に興味のある方は、このページを良く読んで応募しましょう。

ただし、「新型コロナウィルス感染症の感染拡大の状況を鑑み、4月8日(水)以降、奨学金窓口を閉室します。ご不明点がありましたら、電話または奨学金お問い合わせフォームにてお問い合わせください。」となっていますのでご注意。

【2020年4月11日】意外に知られていない4月6日のメッセージ

新型コロナウイルス感染症に関する本学の授業、各種行事、イベント等の実施についてという荒川一郎学習院大学学長のメッセージが意外に目立たないことが分かり、ここに改めてリンクしました。この中には、いろいろと重要なメッセージが書かれていますが、今回は4番目のところに注目です。「④自宅にインターネットで学修できる環境(Wi-Fi等)・設備(理想はカメラとマイク付きのパソコン)がない場合は、授業開始日までに準備すること。(授業開始後も当面はスマートフォンで受講できるように開講する。)」と書かれています。ここでの授業開始日は、5月11日のこと。もし、スマホしか持っていない人は、この際、自分のPC(ノートパソコン可)を準備して使えるようにしておきましょう。

【2020年4月10日】学生向けのWeb シラバス公開停止中

新型コロナウイルスに関する現在の事態の収束が十分に確認されるまでの間、学習院大学では原則として対面授業は行われないことになっています。ある種の学習管理システム(LMS: Learning Management System)を活用した授業が、5 月11 日(月)より開始されるという予定が公表されています。そうすると、当然シラバスに書かれていることと実態が合わなくなる可能性があります。そのような事情から(教務課からの4月8日の情報では)、学生向けのWeb シラバスの公開が4 月14 日(火)まで停止されたそうです(法科大学院科目は通常通り公開されています)。しばらくお待ちください。

【2020年4月8日】ドイツ語圏文化学科2年生、3年生、4年生へ:履修ガイダンス資料配布

4月7日(火)G-Port 経由で、2年生、3年生、4年生に履修ガイダンス資料がメールで配布されています。履修ガイダンスが行われていない今年、届いた履修ガイダンス資料をきちんと読んで、各自よく考えて履修計画を立てましょう。

【2020年4月8日】4月8日大学トップページのお知らせ:新入生必読

4月8日にNEWS | 学習院大学に、「【重要】令和2年度入学者のみなさまへの学生証配付について」が掲載されました(これは、4月3日に掲載された内容とほぼ同じで、以前のメッセージは消去されていますのでご注意)。1. 新入生オリエンテーションの中止について、2. 学生証の配付について、3. 各種書類の配付について、が書かれています。熟読して手続きを行ってください。

【2020年4月6日】4月7日NEWS | 学習院大学に「4月8日(水)から5月6日(水)まで大学構内への学生の入構を原則禁止」のお知らせ

NEWS|学習院大学に「学習院大学は、新型コロナウイルス感染症の拡大を防止するため、4月8日(水)から5月6日(水)までの期間、原則として学生の大学構内への入構を禁止」のお知らせが掲載されました。この間、職員は原則在宅勤務となるそうです。

【2020年4月6日】4月6日大学トップページに教務課からのお知らせが掲載される。「第1学期授業開始日:5月11日(月)」

4月6日(月)、大学のトップページに「令和2(2020)年度オリエンテーション及び第1学期授業開始日について(4月6日更新)」が掲載されました。それによると、学部・大学院のオリエンテーションはすべて中止、 第1学期授業開始日は5月11日(月)ということです。詳細は、「令和2(2020)年度オリエンテーション及び第1学期授業開始日について(4月6日更新)」をご覧ください。

【2020年4月4日】4月2日大学トップページのお知らせにあるように、学習院大学の事務取扱は4月4日(土)、4月11日(土)に行われません。

4月2日の学習院大学ホームページのお知らせにあるように、4月4日(土)・4月11日(土)、大学の事務取り扱いは行われません(令和2年4月4日(土)及び11日(土)の事務取扱は行いません。 | 学習院大学)。東京都からの土日の外出自粛要請に応えるものでもあります。特に土曜日や日曜日は、できるだけ自宅にいるようにしましょう。これが最終的に自分だけでなく他人の健康と命を守ることにつながります。

東京都では、東京動画|東京都公式動画チャンネルの中に新型コロナウイルス感染症に関する対応のページを作って、毎日午後6時40分頃に最新情報を伝えるそうです。小池都知事による英語のメッセージもあります。毎日新聞社では、新型コロナウイルス国内感染の状況(https://mainichi.jp/covid19)を伝えるページを作っています。参照して状況把握をしておきましょう。

【2020年4月3日】4月3日大学トップページのお知らせ:新入生必読

4月3日に学習院大学ホームページのお知らせに、「【重要】令和2年度入学者のみなさまへの学生証配付について」が掲載されました。1. 新入生オリエンテーションの中止について、2. 学生証の配付について、3. 各種書類の配付について、が書かれています。熟読して手続きを行ってください。

【2020年4月3日】4月2日大学学生センター教務課からのお知らせ(G-Port)

2020年4月2日付で大学学生センター教務課から「[重要] 履修登録等に関する掲示のアップロード時期について」というメッセージが G-Port で掲示されています。このメッセージによると、「感染症流行拡大の影響により、すでに公開されている学年暦がさらに変更される可能性があ」ること、履修登録等に関する掲示のアップロード時期が繰り下げられることが発表されています。詳細は、G-Port の「大学からのお知らせ」をお読みください。引き続き、学習院大学ホームページや、G-Port のお知らせに注目しましょう。

【2020年4月1日】新学期履修ガイダンスの延期について

ドイツ語圏文化学科 新2年生、3年生、4年生の皆さん

3月26日に教務課から G-Port 連絡があった通り、今週の4月2日(木)に予定されていた2020年度の履修ガイダンスは、新型コロナウイルス感染予防の観点から延期されることになりました。

現時点(2020年4月1日)で、履修ガイダンスは4月16日(木)に予定されていますが、感染状況次第では、さらに延期される可能性があります。

つきましては、G-Port 連絡(学科以外の部署からの連絡も含めて)に注意してください。重要なお知らせは学習院大学ホームページに掲載されますので、そちらもご覧ください。

【2020年4月1日】 ドイツ語圏文化学科・ドイツ語ドイツ文学専攻の新入生の皆さん

ご入学おめでとうございます。

すでに学習院大学ホームページでお知らせしている通り、新型コロナウイルス感染防止の観点から、学部・大学院ともにオリエンテーション開始日は4月15日(水)以降(2020.4.3)、授業開始日は4月22日(水)以降に繰り下げられることになりました。詳細は決まり次第、学習院大学ホームページで公表されますので、引き続き、学習院大学ホームページをご確認ください。

学部の各種入試入学者(海外帰国・各推薦・内部進学者)の皆さんには、入学前課題がありますが、こちらは新入生対象の学科ガイダンス(日程は未定)の際にお持ちください。

【2020年3月31日】4月1日~4月14日までの学科図書貸出業務の停止および閲覧室の閉室について

新型コロナウイルス感染予防の観点から、4月1日(水)~4月14日(火)までの期間について、学科の図書貸出業務を停止し、また学生閲覧室を閉室とさせていただきます。
この期間中に図書を返却する必要のある場合には、郵送で事務室宛に送ってください。郵送が無理な場合、あるいは質問がある場合には、教員宛(メールアドレスを知っている教員であれば誰でも可)にメールを送ってその指示に従ってください。

図書の郵送先は以下の通りです。

171-8588
東京都豊島区目白 1- 5 -1
学習院大学文学部ドイツ語圏文化学科 事務室

PAGE TOP